脇脱毛の痛みやメリット

脇脱毛

脱毛したい箇所で一、二を争う部位といえば脇ですね。脇脱毛は膝下や腕などと異なり、普段は隠しておくことができる部位です。範囲も狭いため、比較的気軽に挑戦できるということで若い年代から大人まで幅広い人気があります。

サロン側もまずは脇の下で試してもらい、良ければ他の部位の脱毛を検討してもらうためにキャンペーンを用意し、破格の値段設定にしていることも少なくないでしょう。

そんな脇脱毛ですが、よく痛みが強いという話を耳にすることがあるでしょう。脇の下のムダ毛というのは産毛とは異なり、太く硬い毛をしています。

サロンやクリニックでの脱毛というのはレーザーなどの光を照射するのですが、その光は黒いものに強く反応するという性質を持っているため、他の部位よりも黒が濃い脇下というのは痛みを強く感じやすいのです。
それと同様のことがVIOなどにも言えます。

ではやはり痛いのかというと、実はそこまでの激痛を伴うことは少なくなってきています。例えば脱毛サロンであれば痛みに合わせてレベルを調節してもらうことが可能なのです。

その分時間はかかってしまいますが、痛いのが辛くて通うのをやめてしまうようなことになってしまうよりは、続けられるレベルの痛みでじっくり行ったほうが良いでしょう。

クリニックは痛みが強い傾向にありますが、その分強力なので短期間で施術を終えることができます。医師がいるため麻酔を使ってもらうこともできるというメリットもあります。

そもそも脇脱毛をするメリットはなんなのかというと、ひとつに自分に自信が持てるようになるということがあります。

夏場など露出が多い服を着る際には常に気を配っている方も多いでしょうが、冬など普段は洋服で隠れているときにはついお手入れをおろそかにしてしまうという方も少なくないでしょう。

そのようなとき、急に泊まりや温泉などの予定が入ってしまっては困ってしまうものですね。そのようなとき、事前に脱毛をしていれば恥ずかしい思いをせずに楽しむことができます。剃り残しなどの心配もないので、安心して手をあげたり動き回ることができるでしょう。

自己処理から開放されるという点にもメリットがあります。多くの場合カミソリや毛抜きなどで自己処理をするでしょうが、脇の下の皮膚というのは他の部位と比較するとかなり薄いものであり、少しの刺激がダメージにつながってしまいます。

そのため頻繁に自己処理をしているとそのダメージが蓄積し、黒ずみの原因となってしまうことがあるのです。毛が埋まって生えてしまう埋没毛の危険もあるので、肌がぶつぶつになってしまうこともあるでしょう。脇脱毛をして面倒な自己処理から解決されることは自分自身の時間の節約になるということは勿論、肌のためにも良いことなのです。

脇のにおいが気になっているという方にも脇脱毛はおすすめです。脇のにおいの多くは汗が脇毛によって蒸れたりして雑菌が繁殖しやすくなってしまうことが原因です。脇脱毛をすることで脇の下を清潔に保つことができるようになるため、においの軽減にも繋がるのです。

ちなみに脇脱毛をする際には事前にシェービングをしていく必要がありますが、その際傷をつけないように気をつけることも大切です。不安であれば電気シェーバーを使うなど、肌に優しく処理できるものを選択すると良いでしょう。

有料のシェービングサービスがあるサロンもありますが、自己処理をしていないせいで施術を断られてしまうこともあるため、事前の確認が大切です。

脇脱毛だけだと強引な勧誘などがあるのではと不安に思ってしまうこともあるでしょうが、そんなことはありません。まずはカウンセリングなどを行い疑問を解決し、安心して脇脱毛に挑戦してみたいものですね。